にゃあすけ H18.12.30逝去 応援ありがとうございました


by yhasei

<   2006年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

体重6.30㎏(前回6.05㎏)

触診 リンパの腫れ無し

血液検査 白血球・好中球ともに基準値内
       貧血も無し

レントゲン まだ肺水あり
       でも前回よりは減っている様子

結果 
 抗癌剤(サイクロフォスファミド)を注射にて投与(今回は薄めず)
 薬は変わらず、ステロイドと抗生剤を朝晩各1錠ずつ処方
 次回、1週間後

やった\(^o^)/体重、見事に増えてました\(^o^)/
前回の赤血球などの数値は獣医師も気になっていたようで『今回は貧血も無いですね』と。
『前回の貧血もそうだけど、今回は白血球も好中球も基準値内に回復してるけど、ちゃんと食べれてたから?』というおバカな私の質問には、『いやぁ~、たぶん服用してるステロイドの効果では…』という事でした(^_^;)

肺水、やっぱり再発だとなかなか減ってはくれないようです(T_T)
だけど増えてないし、前回よりは減ってきてるんだから、とにかく良かったです!

抗癌剤治療も2クール目に入りました。
少しずつでも肺水が減ってくれたら、その分にゃあすけも楽になれるはず。
この調子で頑張って乗り越えてくれたらいいな。

f0095271_16204764.jpg診察から帰宅後のにゃあすけ。
疲れたのか、ちょっとダルダルって感じでした。
フードもせっかく体重が増えるくらい食べてたのに、その勢いは無くなってしまったようで、食事量減少ぎみ…っていうか今日はまだ殆ど食べてない。
食欲不振の副作用じゃなかったらいいんだけど(-_-;)
ちなみに咳は未だ全く無しです。



今度はoshare40さんから素敵な贈り物が届きました。
空ちゃん、ショーちゃんとケアされたご経験から、にゃあすけにとフードやサプリをいろいろと頂いたんです。
これから、にゃあすけの調子を見ながら試してみようと思います。
oshare40さん、本当にありがとうございましたm(__)m
[PR]
by yhasei | 2006-11-30 16:20 | にゃあすけ:初代ニャンコ

ADSL

ブログ更新の時刻などで既にお気付きの方もあるかと思いますが、またまた自宅PCのネット接続の調子が悪いんです<`ヘ´>
よく『ADSL』ランプがチッカチッカと点滅してくれるんですよ。
しかも電話を使うと接続が切れる。
電話を使った後も、しばらく接続できない。
ほぼ毎日のように、混雑する時間帯なのか午後9時頃~夜中にかけて接続できない。

光通信にする話も何度か持ち上がったりもしたんだけど、電話通信に不具合が生じると困るので中止(延期?)になっちゃったし。
自宅だけでも光通信にしたかったんだけど、そうするためには壁貫通工事を行わないといけない事も判ったから、私も今は諦めた。
だって、今そんな工事をするのは、にゃあすけのストレスになるもんね。

f0095271_15373214.jpgだから『ADSL』の調子が悪いけど、NTTに連絡するのも躊躇してる。
知らない人が来てウロウロするのも、にゃあすけのストレスになるだろうから。

出来る限り、にゃあすけのストレスになる事は避けたい。
だけど接続できないと、やっぱり困る今日この頃…(T_T)

ピンボケにゃあすけドアップです→
今のところ副作用もなく、咳もなく。
リンパの腫れがあった頃より、頬の辺りとかスッキリィ~って感じ…?
[PR]
by yhasei | 2006-11-26 15:37 | にゃあすけ:初代ニャンコ
残念ながら、寛解は無理でした。
肺水が溜まり始めていました。
完全な胸腺型リンパ腫の再発です。

体重6.05㎏(前回6.22㎏) …やっぱり(-_-;)

触診 リンパの腫れは全く無し

血液検査 相変わらず。白血球は基準値より低い。好中球は不明。

レントゲン 横:肺の下辺りや心臓の輪郭が白くぼやけた感じ
       上:肺全体が白く薄くぼやけた感じ

結果
抗癌剤(ビンクリスチン)を注射にて投与。
薬は変わらず、ステロイドと抗生剤を朝晩各1錠ずつ処方。
次回、1週間後。

プロトコルを選択する余地もなく、積極的に抗癌剤治療せざるを得なくなりました。
発症時と同じ3種類の抗癌剤を交互に2クール投与予定。
それで、もし効果が無いようなら、別の抗癌剤を投与する事に。
ちなみに3種類の抗癌剤とは、点滴投与のアドリアマイシン、注射投与のサイクロフォスファミドとビンクリスチンです。
f0095271_11365962.jpg最近よくこういう箱座りの格好ばかりしてるし、ちょっと呼吸数が多いなぁ(1分間に30~40ぐらい)って気になってたんだよね。
抗癌剤が効いてくれたらいいんだけど。
でも先々週には、50%まで薄めたとはいえサイクロフォスファミド、先週には漏れたから途中止めしたけどアドリアマイシンを投与してるんだよね。
それでも腫れはひいたけど、肺水は溜まり始めてた。
やっぱり再発だと抗癌剤が効きにくいのかな。

あと気になったのが血液検査の貧血。
赤血球、血球容積、ヘモグロビン量が揃って基準値以下。
獣医師は何も言わなかったから、まだそれほど気にする必要はないのかもしれないんだけど、でもやっぱり気になるから次回診察時に訊いてみようと思う。

体重も減っちゃってるし。
にゃあすけ、また本格的な闘いが始まるんだから、シッカリ食べて頑張ってよ。
[PR]
by yhasei | 2006-11-23 11:36 | にゃあすけ:初代ニャンコ

お食事ベンチ

f0095271_10111020.jpgにゃあすけのフード置き台、ついに見つけました(^o^)丿
←コレです!メッチャ可愛いでしょ~♪
それに軽くて、滑り止めまで付いてるんですよぉ♪

見つけたのは、『木工猫雑貨 Step Factory』さんというショップ♪
猫をモチーフにしたオリジナルの木工猫雑貨を手作りされてるお店です♪

主に100均とかホームセンターで探していた私には、ちょっとお値段が…(>_<)だったんだけど、高さといい大きさといい、まさしく探していたモノだったし、何といってもその可愛さに惚れてしまって、即注文してしまいました(^_-)☆

しかも注文の際に、にゃあすけが闘病中で少しでも食べやすくしてあげたい事を伝えると、手作り商品なので日数がかかるところをご配慮してくれて、通常より早く送って頂きました(>_<)
ホントにありがとうございましたm(__)m

ホントにメッチャ可愛いでしょ♪
他にもニャンコをモチーフとした商品がいろいろあるんです。
見てるだけで楽しくなっちゃうんですよ(^^)

これで食べやすくなったし、にゃあすけが少しでも多く食べてくれるようになったらいいな♪
[PR]
by yhasei | 2006-11-22 10:11 | にゃあすけ:初代ニャンコ
アップが遅くなったんですが、少し前にブログでお世話になっているTomokoさんから素敵な贈り物を頂きました。

Tomokoさんと小和ちゃんのカードと、にゃあすけの首輪とリードにオモチャセットです♪
シッカリとカメラ目線の小和ちゃんも、寄り添うTomokoさんも可愛くて、お2人がとても仲良しだった様子が感じられるカードでした(^^)
首輪とリードはTomokoさんのネットショップ『Petite Harmony』の新商品だそうで、可愛いミツバチの刺繍がしてあって、着脱もワンタッチで出来るので便利です。f0095271_991495.jpgもう早速に使わせて頂いちゃってます(>_<)
オモチャセットにはいろいろ入っていて、中でもにゃあすけが気にしたのはやっぱりネズミでした。
ネズミの形に何か本能的に感じるものがあるのかな(^_^;)

Tomokoさん、小和ちゃんを亡くされて大変な時にお気遣い頂いて本当にありがとうございましたm(__)m
大切に使わせて頂きますね(^o^)丿



また先週にも、お世話になってるリンさんから素敵な贈り物を頂いちゃいましたm(__)m

食事量減少ぎみのにゃあすけに、大切な琴ちゃんのお気に入りフード・サナベルをお試しに、と連絡を頂いたんです。
サナベル2種類をそれぞれジッパー付きの袋に入れてくれて、サプリメントのパウダルコもお試しにとお裾分けしてくれて、詳しい説明入りのお手紙に、リンさんお手製のにゃあすけのオモチャまで頂いちゃいました♪
こないだの診察から挙動不審に加え、食事量減少がまた続いてたけど、今週になって少しずつ上昇ぎみのにゃあすけは、一緒に並べていた他のフードよりもサナベルが気に入ったようなので、リンさんからショップを教えて頂いて即注文しちゃいました!

リンさん、大切な琴ちゃんのフードやサプリをお裾分けして頂いて本当にありがとうございましたm(__)m
これから、にゃあすけもサナベルです♪
PS リンさんの画像、アップ出来なくてゴメンナサイ(>_<)
[PR]
by yhasei | 2006-11-21 09:09 | にゃあすけ:初代ニャンコ
また長文です。ゴメンナサイ。

体重6.22㎏(前回6.10㎏) 少し回復\(^o^)/

肺 大丈夫らしい(…が聴診したっけ?)

触診 腫れ無し!残ってた足の腫れもひいてる\(^o^)/

血液検査 相変わらず。白血球は基準値より低い。好中球は基準値内。

再発後2回目の抗癌剤治療(アドリアマイシンを点滴にて投与)

f0095271_17443877.jpgしかし!ここで大変な事が!!
この画像のような状況で点滴を受けていたにゃあすけ。
ゲージの中で奥の方へ動いた時に、針近くのチューブのジョイントが外れ薬液が漏れちゃったんです(>_<)
獣医師と看護士2人で、左手を何度も洗浄。
幸い皮下への漏れは無かったようなんだけど、手の白い毛が薬剤のオレンジ色に薄く染まってました。
でもその着色は薬剤の性質上で問題は無いらしいです。
また薬剤が付着した皮膚が壊死することはまず無いらしいので大丈夫だろう、との事。
だけどその説明をしていた獣医師はメッチャ沈んだ様子で、私やゆぅみんが付き添っていた事、看護士を常駐させていなかった事などを言われてましたが、私が思うに、もし私達が付き添っていなくても、もし看護士が常駐していたとしても、起こり得た事だと思うんです。
要するに、にゃあすけがゲージ内で動いても大丈夫なように、点滴のチューブをもっと長めにゲージ内に入れておけば良かっただけの事だと。
結局、治療の方は漏れた時点で8割方の点滴が済んでいたので、今回の2回目はこれで終了という事になりました。

今後のプロトコルについては、2通りの選択肢があるそうです。
①アドリアマイシンを3週間に1度投与
②発症時に使用した3種類を交互に1週間ごとに投与
 (但し途中でアドリアマイシンは止めて2種類にする)
ここで質問『今後また再発した時の治療はどうなる?』
①の場合 アドリアマイシンはもう使えないので、他の2種類を使う事になる
②の場合 2種類を同時に使うとか、他の抗癌剤を使う事になる
その他の獣医師からの説明
・①より②の方が、より積極的な治療の仕方
・アドリアマイシンは心臓に負担になる
・他の抗癌剤よりも、発症時使用の3種類が1番効果的
次回1週間後の診察までに、どちらにするか考えておく事になりました。
…あ…今書いてて思いましたが、このプロトコルをいつまで続けるんだろう??

ここで、もしかしたらお気付きの方もあるかと思いますが、触診で『腫れ無し』と言われた時の会話です↓↓
私『また寛解できる可能性はありますか?』
獣医師『もう今の状態で寛解といってもいいでしょう』…?!?!?!?
私『えっ?!もうですか?!もう寛解なんですか?!』
獣医師『そうですね、腫れもひいて症状自体は何も無くなりましたから』
…だそうです…(=_=)
獣医師が言うには『50%まで薄めた抗癌剤をただ1度投与しただけで腫れがひいてしまうというのは、まだ抗癌剤が非常によく効いている』んだそうです。
『再発の場合、治療をしてもなかなか腫れがひかない場合が多いので』と…。
だけど、なんだか私はまだ『???』状態で、獣医師を信じないわけじゃないんだけど『ホントに寛解?!』って気持ちで、素直に喜べないって感じなんですよねぇ(-_-;)
細胞検査でリンパの大きさとか確認しなくてもいいのかなぁ??

帰り際、この土日と学会で獣医師が留守になるらしく『もし何かあったら…』と携帯電話の番号を教えて頂きました。

処方薬は前と同じで、ステロイドと抗生剤を朝晩各1錠ずつ。

この診察に行く前、私とゆぅみんがバタバタと準備をしていると、危険を察知したのか、久しぶりにベッドの下に隠れたにゃあすけ。
帰宅後からは未だに、今回の診察は散々だったせいか、挙動不審ぎみ。
これじゃあ次回の診察前後は一体どうなるんだろうなぁ(-_-;)
[PR]
by yhasei | 2006-11-16 17:44 | にゃあすけ:初代ニャンコ

食事

頬と首下の腫れがひいたからか、少しずつだけどドライフードを食べる量が増えてきた感じの、にゃあすけ\(^o^)/
f0095271_16414864.jpg今回の食事量減少の対策のため、ずっと使ってきたニャンコ用のステンレス食器を、100円均一で買った陶器の小さな食器に替えた。

この1つ1つに違うフードを少しずつ入れて、好きな時に好きなフードを食べられるようにするため。
朝、昼、夕方、晩、深夜、明け方、と適宜交換。
フードがもったいないけど、にゃあすけに少しでも多く食べてもらいたいからね。

あと食器を置く台も、ミニテーブルにしてみた。
ちょっと高過ぎるかなぁ、とも思うので、まだコレは試行錯誤中。
何かもっとちょうどいい高さの台ってないかな(^_^;)
もう少し低いものを探してるんだけど、なかなか見付からなくて(>_<)

今日はちょっと食べが悪いなぁって思った時は、かつお節のふりかけ。
休み明けの月曜と火曜は粉末マタタビをふり掛けて。
それでもまだ1日分のカロリーは摂取できてない。
にゃあすけ、頑張ってドライフード食べてくれぇ~(>_<)



遅くなりましたが、11月8日にoshare40さんのショーちゃんが亡くなられました。
同じ病気だけじゃなく、他の病気も患っていたショーちゃん。
ショーちゃんもoshareさんも、とても頑張っていらっしゃいました。
ショーちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

また11月10日にはkiriさんのデンデ君が亡くなられました。
同じ病気を発症し、頑張って治療をされてる途中でした。
デンデ君のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
[PR]
by yhasei | 2006-11-13 16:41 | にゃあすけ:初代ニャンコ
体重6.10㎏(前回6.26㎏) やっぱり減った…。
触診 首下の腫れ:ひいてる
    足の腫れ:小さくはなってるが、まだ少し残ってる
聴診 大丈夫
血液検査 白血球:基準値以下だが前回よりは増加?
       好中球:基準値内まで増加\(^o^)/(低基準値に近いけど)
       血小板:基準値以下
       リンパ球:基準値以下     
 
次回診察は、15日(水)に2回目の抗癌剤治療予定。
・使用する抗癌剤は、その時の血液検査結果によって相談して決める。
 (但し、発症時の治療に使った3種類の中から選ぶ)
・それから先のプロトコルについても相談する。
 (治療効果のためには、アドリアマイシンはプロトコルに入れた方がいいらしい)
・引き続き、ステロイドと抗生剤を服用
f0095271_961896.jpgどうやら50%まで薄めて投与した抗癌剤だけど、効果があったようです(*^^)v
やっぱり顔がスッキリホッソリした感じは、腫れがひいたからだったみたい(^_^;)
獣医師も、ここ最近の診察時のような『緊張』した様子じゃなく、何となく『ホッ』とした雰囲気がありました(^^)

待合室で血液検査の結果待ち。
早く帰りたいのか、通る車を見るのが好きなのか、いつもずっと外ばかり眺めてます。
横に座ってるのは、もちろんゆぅみん。(腕しか見えないけど)
やっぱりゆぅみんがいてくれる方がいいわ…(-_-;)
[PR]
by yhasei | 2006-11-12 09:06 | にゃあすけ:初代ニャンコ

11月8日(水)の診察

報告が遅くなってゴメンナサイ。
またまた長文のおそれ有り。ご注意ください。

まずは11月7日(火)の獣医師からの電話連絡から要点のみを…
・提案されたのは『発症時に最初に1度だけ点滴で投与した抗癌剤を3週間ごとに投与する』というプロトコル。この抗癌剤は、アドリアマイシン(=ドキソルビシン?)
・理由①副作用を抑え避けるため
・理由②いつも白血球や好中球の数値が低いため
・にゃあすけは特に副作用が強く出やすく、抗癌剤の加減がとても難しい
・提案したプロトコルも状況次第で適宜変更していく
・私『前は点滴投与のため入院したが?』→獣医師『今回は30分くらいの点滴投与だけなので入院しなくても診察で大丈夫』
・私『多中心型は脾臓や肝臓にも病変を伴う事が多いらしいが?』→獣医師『いつもレントゲン検査をした時に確認しているが、今のところ内臓肥大はない。貧血も大丈夫』
・獣医師から『午後の休診時間(PM12~4)に来られては?夕方遅くよりスタッフも充実しているし、お待たせする時間もないので。前もって午後3時とか連絡を頂ければ待機しておく』と提案してもらう

では本題の11月8日(水)の診察結果を…
体重6.26㎏(前回6.26㎏) 前回から4日経ってたけど減ってなかった!
触診
 するまでもなく『腫れてきてますねぇ』by獣医師
 首下を触って『リンパ腫特有の腫れ方ですね』と。
レントゲン
 異常なし。肺も内臓も大丈夫との事。(良かったぁ~)
血液検査
 悪い。白血球も好中球も基準値より低い。だいぶ低い。でも貧血はなし。     

この結果から獣医師かなり悩む。

説明された事
・この血液状態はFelvウィルスのせいか、それともリンパ腫のせいか、不明
・もしかしたら骨髄の中で造血力が抑えられてしまってるのかもしれない
・抗癌剤治療は白血球が決め手(白血球が正常なら抗癌剤治療はどんどん出来るらしい)
・白血球が低いため、強い骨髄抑制をする抗癌剤は使えない(予定していたアドリアマイシンは中止)
・発症時に使用した残り2つの抗癌剤のうち、より弱い骨髄抑制をする抗癌剤を使う事に変更(注射で投与するサイクロフォスファミド)
・当然リスクを伴い、骨髄抑制によって白血球の更なる低下のための感染症や肺気腫に注意(元気がなくなるとか発熱など)
・もし感染症や肺気腫になった場合は、何をおいてもどんどん治療していくしかなくなるし、最悪の事態も覚悟しなければならない

獣医師から改めて確認される。
このまま抗癌剤治療をしなければ、どんどんリンパ腫が悪くなる一方で、抗癌剤治療をすれば、今でも低い白血球が更に低くなり感染症や肺気腫というリスクの可能性が高くなるし、抗癌剤治療自体も必ずリンパ腫に効果があるとは言い切れない、と。
どうしますか?という風にふられても、答えは1つ。
このまま何もしないわけにはいかない。
たとえリスクの可能性が高まろうとも、たとえ効果が期待できなくても。

抗癌剤治療(再発後)1回目
・50%に薄めたサイクロフォスファミドを注射にて投与(普通は25%までしか薄めないらしい。それほどにゃあすけの場合の治療が難しいという事だそう)
・ステロイドを注射にて投与
・ステロイド(プレロン錠5㎎)と抗生剤(Baytril15㎎)を処方される(朝晩各1錠ずつ)

私『50%まで薄めても効果があれば腫れはひく?』
獣医師『薄めてても効けば腫れはひく』(そりゃまぁ当然か…)

次回は、白血球の数値が気になるので明日の土曜に血液検査のため診察に。

…というわけで、抗癌剤治療再開となりました。
副作用は覚悟して、リスクもなく、抗癌剤が効いてくれる事を願うだけです。
f0095271_16322546.jpgにゃあすけの様子…
昨日(11/9木)は、しんどそうでだるそうな感じ。ウンもなし。
今日(11/10金)は、ちょっと回復したのか、朝からオモチャネズミを追いかけて遊んでくれました!
しかも先ほど私が帰宅した時には、本当に久しぶりにフードの催促(?)をしてくれて、お湯でゆるめた黒缶を与えるとハシュハシュと食べてくれました!
だけどウンはまだ出てません。一昨日の夕方からずっと出てない。

この画像は、診察から帰宅後のにゃあすけ。
よほど病院が嫌だったようで、『むすぅ~』っとした表情で目を半開きにして私のこと睨むし、一晩中ずっと避けられっぱなしだった(T_T)
だけど、まだ棚の上に跳びあがれるのが嬉しいから…ま、いいか(-_-;)

ちなみに今回は、ゆぅみんがまだ学校から帰宅していなかったため、私一人で連れて行ったので、メッチャ大変で、メッチャ疲れた(>_<)
病院に到着した時点で、もうお疲れモードでボロボロ…。
点滴じゃなくって、注射になるんだったら、ゆぅみんを待っとけば良かったなぁ(-_-;)
[PR]
by yhasei | 2006-11-10 16:32 | にゃあすけ:初代ニャンコ

長文ご注意?

f0095271_1613226.jpg獣医師からの連絡は、まだありません。(と夕方アップしたら、その後に連絡の電話が入りました。詳細はまたアップします)
だけど、にゃあすけの頬と首下(胸の辺り)は、素人の私が見ても腫れてるなぁって思える感じになってきました。
(←そう見えませんか?)
それでも嫌がるにゃあすけに抗生剤を飲ませ続けてる私です。

先日の再発告知の診察時は発症告知の時とは違い、緊張感はあったけど和やかな雰囲気でした。
獣医師に『この腫れているリンパに痛みはあるのか?』と尋ねると『う~ん、それは何とも。本人に訊いてみないと(^_^;)』と獣医師。
ゆぅみんに抱っこされたにゃあすけも何か言いたい事があったのか終始お喋りだったし(普段は無口なんですよ)、私もゆぅみんもたぶんある程度『やっぱり』という思いもあり覚悟していたところもあったためだと思います。(それにさすがに3度目だしね)

それで結局どうなんでしょうね。痛みってあるのかなぁ??
ネットで調べた中には『感染症の場合のリンパの腫れには痛みがあるが、腫瘍の場合には痛みが無い』とありました。
にゃあすけも痛みではなく違和感ぐらいだったらいいなって思います。

FeLVキャリアのにゃあすけです。
もちろん諦めるつもりはありませんが、もう一度寛解できる可能性は極々わずかでしょう。
私もゆぅみんも『なるべく苦しく辛い思いをさせたくない。穏やかな時間を一緒に過ごしたい』というのが1番の願いです。
だから高い目標を追わず、今まで以上に1日1日を大切に過ごしたいと思っています。

ただ発症が胸腺型だったため再発も胸腺型だろうと勝手に思い込んで、呼吸数ばかり注意したり、もしもの再発後のケアも酸素室など胸腺型に関する事ばかり調べてきました。
なのに再発は多中心型。しかもワンコに多い症例。
少しばかりネットで調べてみましたが、ニャンコの多中心型リンパ腫についての情報が…少ないんです。(まだ私の調べ方が足りないのもあるんですが)
あと気になったのが『多中心型では脾臓や肝臓の病変を伴う事が多い』という事。
にゃあすけは元から肝臓が弱いので気になってます。
これから、今度のにゃあすけのケアに少しでもプラスになるよう、獣医師にも教わりながら、自分でももっともっと調べようと思ってます。

最後になりましたが、皆さん、いつも温かいコメントありがとうございます。
皆さんの応援に励まされ、本当に感謝しています。
これから今まで以上に泣き言や弱音を吐く事もあると思いますが、どうかにゃあすけ共々よろしくお願いいたします。



いつもブログでお世話になっているTomokoさんちの小和ちゃんが今朝亡くなられました。
同じ病気を、小さい体で力一杯闘っていた小和ちゃん。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]
by yhasei | 2006-11-07 16:01 | にゃあすけ:初代ニャンコ